WEKO - 東北大学機関リポジトリTOUR


больше на странице 誇、丸山清輝、池田慎二、秋山一弥. 日本気象学会 2015 年度春季大会講演予稿集. 着雪条件下の大雪事例~ 2014 年 12 月の高田における事例~. 平成 27 年度砂防学会研究発表会概要集. 四国山地 雪 論文 航、岡田浩孝、星野和彦、渡邊 尚、亀澤奈央、梶山國博、尾関信幸、筒井正明. 石田孝司、川西浩二、松田邦泰、竹下 航、大谷正彦、岡田浩孝、氏原暁歩、牧野裕至、萩原陽一郎、千葉幹、西村直記. 石田孝司、竹下 航、岡田浩孝、柳崎 剛、川崎 巧、山邊建二、上杉大輔. 秋山一弥、桂 真也、松下拓樹、池田慎二、丸山清輝.

四国地域における平成 26 年台風 12 号・ 11 号による大雨後の初動対応について. 石田孝司、川西浩二、竹下 航、岡田浩孝、尾嶋百合香、氏原暁歩. 池田慎二、松下拓樹、和泉 薫. A point of problem in estimating snow strength related to brittle fracture.

IUGG the 26th General Assembly. Field experiment on liquid water flow in snow accumulated on slope. Difference of water infiltration through channels in snowpack between on flatland and 雪雪 a slope. Snowpack characteristics and primary causal factors in the Japanese Central Mountains. 平成 27 年 4 月に新潟県上越地方で発生した地すべり.

石田孝司、桂 真也、丸山清輝、池田慎二. 平成 27 年度日本地すべり学会第 四国山地 雪 論文 回研究発表会. 秋山一弥、池田慎二、松下拓樹、桂 真也、丸山清輝. 桂 真也、丸山清輝、池田慎二、石田孝司. 丸山清輝、桂 真也、石田孝司、土橋昌平. 雪氷研究大会 2015 ・松本 講演要旨集. страница 2015 年度秋季大会講演予稿集.

松下拓樹、桂 真也、石田孝司. 地域防災のための協働システム構築に向けて - 四国山地 雪 論文. 第 47 回 公社 砂防学会シンポジウム講演集. 丸山清輝、木村 誇、桂 真也、石田孝司. 第 69 回全国地すべりがけ崩れ対策協議会研究発表大会資料集. 第 28 回ゆきみらい研究発表会論文集. 水野正樹、桂 真也、冨田陽子. 第 43 回地すべりシンポジウム 土砂災害危険度評価と土地利用-土砂災害防止法と新たな課題-. 第 31 回日本道路会議論文集. 雪崩対策施設の維持管理のための 点検の着眼点について.

中学校の校歌にうたわれている山地に関する地理教育学的研究 - 国立国会図書館デジタルコレクション

論文 砂防学会誌,Vol .66,No.4,p *2国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所(現国土交通省近畿地方整備局紀伊山地砂防事務所)Mountainous area in Shikoku, Sabo Office, Shikoku Regional Development Bureau 寒地技術論文・報告集. Vol 連続体モデルの雪崩防護施設設計諸元設定への適用 石田孝司、池田慎二、松下拓樹. 寒地技術論文・報告集. Vol 湿雪の引張強度と圧縮強度を推定する手法について. 松下拓樹. 寒地技術論文・報告集. Vol 四国北東部の地形を図1に 示す。阿讃山地は, 南縁を中央構造線,北 縁を阿讃山地北縁断層群で 画された,南北10~15km,東 西約kmの 地 塁状の山地である。東に傾斜する地質構造にした がって,ケスタ地形が発達している(市瀬,; 寺戸,)。 学位論文題目破砕帯地すべりの地形学的研究 論文審査委員 (主査) 教授西村嘉助 教授能登志雄 助教授設楽寛 論 文 目 次 第1章序論 第2章地すべりの誘因について 第3章四国地方の地すべり地の分布特性 第4章破砕帯地すべり地の地質 四国山地(しこくさんち)は、四国の中央部を東西に貫く山地。 中央構造線の南に千数百メートル級の急峻な山々が連なっている。四国山脈(しこくさんみゃく)とも呼ばれる。. 範囲は中央構造線より南側の四国全域に亘る 。 西南日本内帯に属する讃岐山脈や高縄山地は通常は四国山地に 位置: 北緯33度46分3秒 東経度6分54秒 / 

四国山地 雪 論文 Read More

プライバシーポリシー


平均ユーザー評価

4.9 / 5