【獣医師監修】《動画つき》赤ちゃんと猫、同居の注意点、病気やお手入れ、ストレス解消法


愛猫に嫉妬や赤ちゃんがえりのきざしが見えたら、飼い主さんが「あなたにはちゃんと愛情を持っているよ」「忘れていないよ」ということをきちんと行動で示してあげると良いでしょう。構ってもらえないさみしさが解消されれば、愛猫の気になる行動も少なくなっていきます。そのうえで赤ちゃんがやって来るまでのあいだに、同居するためのトレーニングも進めておけるといいですね。 まずは出産時にそろえるベビー用品を猫に見せたり、新しいタオルにミルクのニオイを付けて猫に嗅がせたり、そのタオルと飼い主さんが過ごす時間をとってみたりしてはいかがでしょうか。猫は嗅いだことが無いミルクのニオイに反応しますが、そのうちミルクのニオイに馴染むようになります。 ミルクのニオイが付いたタオルと飼い主さんで過ごす時間に、録音された赤ちゃんの泣き声を聴かせてみるのもいいでしょう。赤ちゃんの泣き声に猫は驚くかもしれませんが、次第に慣れてきます。赤ちゃんを迎える前にトレーニングさせることで、今までとは違う生活環境に慣れさせておきましょう。また、赤ちゃんが動き回れるようになる前に、猫だけの安心できる場所を用意しておくというのも良い方法です。.

猫アレルギーを引き起こす原因物質の代表は「Feld1」というタンパク質です。Feld1は猫の唾液や皮脂腺に含まれており、部屋が乾燥するとそのアレルゲンが空気中を浮遊します。それを人が吸い込んだり触れたりすることで体の免疫系が有害物質だと認識し、体から排除しようとしてアレルギー反応が起きます。 猫アレルギーは、器官ごとに以下のような症状が表れます。 ・「目」かゆみ・充血・涙・腫れ ・「鼻」かゆみ・鼻水・くしゃみ・鼻づまり ・「のど」痛み・咳・喘息のような咳込み ・「皮膚」かゆみ・皮膚の赤み 猫アレルギーは、アレルゲンとの接触を最小限にとどめることが、予防・対策になります。空気清浄機を用いて部屋の空気を清潔に保ち、常に掃除をしてアレルゲンを部屋に留めないようにしましょう。.

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫の病気・症状データベース」. Pick Up! 人気キーワード 一覧. 日々、成長を実感する!大切な「子猫期」初めて猫を飼育する場合は成長の過程がよくわからず、不安になってしまうことがありますよね。猫の気持ちを理解し、仲良く暮らしていくためには体の成長と心の成長を把握しておくことが大変重要です。 そこで今回は、猫の成長過程を詳しく解説! 成長過程で「飼い主さんがやってはいけないこと」もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。子猫期はいつまで?体の成長は?生まれたばかりの子猫の体重は、およそ100~130gほどですが、生後1週間も経つと220~280gほどに成長します。.

布素材を好んで、しゃぶるような素振りを見せる猫がいます。可愛らしい行動ではありますが、じつは注意が必要なようです。この記事では、猫の「ウールサッキング」について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。猫のウールサッキングとは?ねこのきもち投稿写真ギャラリー——猫のウールサッキングとはなんでしょうか?ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師): 「猫が好んで異物を食べてしまうことを異嗜や異食といいますが、ウール製品や布製品を好んで食べることを『ウールサッキング』と言います」——どんな猫がウール. トップ 猫と暮らす 飼い方 困りごと 【獣医師監修】《動画つき》赤ちゃんと猫、同居の注意点、病気やお手入れ、ストレス解消法. 獣医師が目撃した猫トイレの「ちょっと心配になる」エピソード2選 飼い主さんのお宅へ行って往診も行っている獣医師の小林清佳先生。そんな小林先生がいろいろなお宅で見た猫のためによくないと思ったトイレエピソードについて教えていただきました。. 飼い主さんがやりがちな勘違い4つ 「猫の要求に応えたのに、なんだか反応が悪い……」もしかしたら、それは猫の要求を間違えて解釈しているのかもしれません。今回は、勘違いしやすい猫の要求について解説していきます。.

ずーっと寝てるのには理由がある? 猫の睡眠の秘密を大解明 いつ見ても猫が寝ている……このような経験がある飼い主さんも多いのでは。今回は、猫の1日の睡眠時間やたくさん眠る理由、寝ているのにしっぽが動く理由など、猫の睡眠について解説します!. スキンシップの際は注意!「猫から直接うつる」可能性がある病気4つ かわいい愛猫とのスキンシップって、飼い主さんの楽しみや癒しのひとつでもありますよね。でも誤った接し方をしていると、「人獣共通感染症」の感染原因になる可能性もあるのだそう…! この記事で、猫から人にうつる病気について、くわしく解説します。.

いつ、どんなきっかけで? 愛猫のフードを見直すタイミング 人の食事が加齢とともに変化するように、猫も成長に合わせてフードを替えていく必要があります。年齢や体調に適さないフードを与え、猫の健康を害さないためにも、フードを切り替えるタイミングについて勉強しておきましょう。. 体調を崩しがちな季節の変わり目 愛猫の住環境「見直しポイント3」 人も猫も何かと体調を崩しやすい、季節の変わり目。とくに、春は日によって寒暖差が大きいため、急激な気温の変化に対応できる環境づくりが大切です。そこで今回は、愛猫の健康を守るために今の時期にやっておきたい「住環境整備」について解説します。. 猫をそッとしていた方がいい「8つのタイミング」 愛猫がかわいすぎて、暇さえあればつい構ってしまう飼い主さんはいませんか? しかし、ねこのきもち獣医師相談室の先生によると、猫に構わないほうがいいタイミングがあるようなのです。どのようなタイミングがNGなのか、くわしく解説します!.

猫が口元をペロペロと舐めるワケ 重い病気が原因の可能性も ごはんを食べたあとではないのに、猫が口元をペロペロとしているのを見たことがないでしょうか? 一見普通のしぐさのように見えますが、もしかしたら異変のサインかもしれません。猫が口元をペロペロと舐めるワケについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。.

成長過程で飼い主さんが「やってはいけないこと」3つ 初めて猫を飼育する場合は成長の過程がよくわからず、不安になってしまうことがありますよね。猫の気持ちを理解し、仲良く暮らしていくためには体の成長と心の成長を把握しておくことが大変重要です。そこで今回は、猫の成長過程を詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。.

成長過程で飼い主さんが「やってはいけないこと」3つ 日々、成長を実感する!大切な「子猫期」初めて猫を飼育する場合は成長の過程がよくわからず、不安になってしまうことがありますよね。猫の気持ちを理解し、仲良く暮らしていくためには体の成長と心の成長を把握しておくことが大変重要です。 そこで今回は、猫の成長過程を詳しく解説! 成長過程で「飼い主さんがやってはいけないこと」もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。子猫期はいつまで?体の成長は?生まれたばかりの子猫の体重は、およそ100~130gほどですが、生後1週間も経つと220~280gほどに成長します。.

猫の「ウールサッキング」ってなに? 恐ろしいトラブル事例を獣医師が解説 布素材を好んで、しゃぶるような素振りを見せる猫がいます。可愛らしい行動ではありますが、じつは注意が必要なようです。この記事では、猫の「ウールサッキング」について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。猫のウールサッキングとは?ねこのきもち投稿写真ギャラリー——猫のウールサッキングとはなんでしょうか?ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師): 「猫が好んで異物を食べてしまうことを異嗜や異食といいますが、ウール製品や布製品を好んで食べることを『ウールサッキング』と言います」——どんな猫がウール. ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091003号)です。.

【獣医師監修】《動画つき》赤ちゃんと猫、同居の注意点、病気やお手入れ、ストレス解消法|ねこのきもちWEB MAGAZINE

目次. 赤ちゃんと愛猫がいる生活. 【赤ちゃんと猫の同居】注意点①:猫と赤ちゃんは仲良くなれる?. 【赤ちゃんと猫の同居】注意点②:猫アレルギーと感染症. 【赤ちゃんと猫の同居】注意点③:生活環境をととのえる. 【赤ちゃんと猫の同居】注意点④:猫のストレス解消法. 愛猫とともに赤ちゃんを育もう  · 猫との生活では、赤ちゃんを出産する前(妊娠中)にも気を付けたい病気「トキソプラズマ症」があります。 妊娠中に初めて「トキソプラズマ」に感染してしまうと、胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。

赤ちゃん 猫 病気 Read More

プライバシーポリシー


平均ユーザー評価

4.9 / 5

最近訪問しました