風通しが良く、明るい研究室


東京大学 九州大学 新潟大学 慶應義塾大学医学部 国立長寿医療研究センター 日本医療研究開発機構. 中西真(東京大学医科学研究所 癌防御シグナル分野 教授) 城村由和(東京大学医科学研究所 癌防御シグナル分野 助教) 古川洋一(東京大学医科学研究所 臨床ゲノム腫瘍学分野 教授) 井元清哉(東京大学医科学研究所 健康医療インテリジェンス分野 教授) 中山敬一(九州大学生体防御研究所 分子医科学分野 主幹教授) 松本雅記(新潟大学大学院医歯学総合研究科 オミクス生物学分野 教授) 末松誠(慶應義塾大学医学部 医化学教室 教授) 杉浦悠毅(慶應義塾大学医学部 医化学教室専任講師) 有田誠(理化学研究所 メタボローム研究チーム チームリーダー) 杉本昌隆(国立長寿医療研究所 老化機構研究部 室長).

加えて、さまざまな加齢関連疾患モデルマウスに対するGLS1阻害剤の効果を検討した結果、肥満性糖尿病、動脈硬化症、および非アルコール性脂肪肝(NASH、 注3 )の症状改善に有効であることも見いだしました。. この純化老化細胞を用いてレンチウイルスshRNAライブラリースクリーニング (注4) にて老化細胞の生存に必須な遺伝子群の探索を行った結果、グルタミン代謝に関与するGLS1が有力な候補遺伝子として同定されました(図1下段左)。そこで、老化細胞におけるGLS1の発現変化を解析したところ、細胞の種類や老化誘導要因にかかわらず、老化細胞においてGLS1アイソフォームの一つであるKGA (注5) の発現が顕著に増加していることが分かりました。また、ヒトの皮膚においても、KGAの発現と年齢に正の相関があることも判明しました(図1右下)。さらに正常細胞、および老化細胞の生存に対するGLS1阻害剤の影響を検討したところ、老化細胞を選択的に死滅させることが確認されました。.

最後に、加齢現象に対するGLS1阻害剤の有効性を検証するために、老齢マウスにGLS1阻害剤を投与したところ、さまざまな臓器・組織において老化細胞の除去が確認でき、加齢性変化の特徴として知られている腎臓の糸球体硬化 (注6) 、肺の線維化 (注7) 、さらには肝臓の炎症細胞浸潤といったさまざまな症状が改善することが可能であることが分かりました(図3)。また、老化に伴う筋量低下による運動能力低下や脂肪組織萎縮による代謝異常を生じることが知られていますが、GLS1阻害剤の投与により、これらの進行も抑制されました。さらに、さまざまな加齢関連疾患モデルマウスへGLS1阻害剤を投与したところ、肥満性糖尿病、動脈硬化、およびNASHの症状が緩和されることも分かりました。. 慶應義塾大学医学部 医化学教室 専任講師 杉浦悠毅(すぎうらゆうき) TEL:03-5363-3752 FAX:03-5363-3466 E-mail:yuki. トップ ニュース プレスリリース 老化細胞を選択的に除去するGLS1阻害剤が加齢現象・老年病・生活習慣病を改善させることを証明 プレスリリース 老化細胞を選択的に除去するGLS1阻害剤が加齢現象・老年病・生活習慣病を改善させることを証明 プレスリリース In English.

老化細胞はリソソーム (注1) 膜に損傷が生じることで細胞内pHが低下すること、その結果としてグルタミン代謝酵素GLS1 (注2) の阻害剤に感受性を示すことを明らかにしました。 老齢マウスや加齢関連疾患モデルマウスへのGLS1阻害剤の投与により、さまざまな臓器・組織の加齢現象や老年病、生活習慣病を改善できることも見いだしました。 本研究成果により、老化細胞の代謝特異性を標的とした老化細胞の除去による新たな抗加齢療法の開発に貢献することが期待されます。. jp 慶應義塾大学医学部 医化学教室 専任講師 杉浦悠毅(すぎうらゆうき) TEL:03-5363-3752 FAX:03-5363-3466 E-mail:yuki.

関連リンク 老化メカニズムの解明・制御プロジェクト. ニュース プレスリリース 成果情報 トピックス 事業に関するお知らせ 募集案内 イベント その他お知らせ 掲載日一覧.

研究者「古川 洋一」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またjst内外の良質なコンテンツへ案内いたします。 東京大学 医科学研究所附属先端医療研究センター 臨床ゲノム腫瘍学分野 大野 伸広, 高橋 聡, 山口 類, 内丸 薫, 井元 清哉, 古川 洋一, 宮野 悟, 大田 康徳, 安井 寛, 今井 陽一, 東條 有伸 臨床血液 58(8) - 診療部長 古川洋一(併任) 東京大学医科学研究所 臨床ゲノム腫瘍学分野 古川洋一 u遺伝性の大腸がんと遺伝

Life Science solution for The Institute of Medical Science, The University of Tokyo [Case Study]

Read More

プライバシーポリシー


平均ユーザー評価

4.9 / 5

最近訪問しました