サイトマップ(コンテンツ一覧)


インサイト インダストリー サービス セミナー KPMGについて 採用. Myページ: 「Myページ」会員登録日:. YouTube 公式アカウント. All rights reserved. 投資促進機関 外資に関する規制 外資に関する奨励 税制 外国人就業規制・在留許可・現地人の雇用 技術・工業および知的財産権供与に関わる制度 外国企業の会社設立手続・必要書類 備考 参考:投資コスト比較. ジェトロ: 台湾 法人税「移転価格税制」 あい舞みー をご参照。. 台湾 配当 源泉 税 2015年12月4日. アジア オセアニア 北米 中南米 欧州 ロシア・CIS 中東 アフリカ 日本. この中で注意が必要な項目は非居住者への配当時の配当源泉税からの未処分利益課税税額控除の廃止時期です。2019年1月1日適用とされているため、過去に未処分利益課税納付済の剰余金の配当に関しては、2018年12月31日までの配当送金であれば、源泉徴収税額からの控除が利用できます。 また未処分利益に対する追加所得税の税率変更は2018年度利益からとされているため、2018年中に行う2017年度利益処分の決議において配当を留保する場合は、引続き10%の税率で追加課税されるとともに、その後の控除の機会はありません。. 以上が台湾の源泉徴収の解説となります。 配 源泉徴収や給与計算の際には税理士や会計士など専門家の力も借りることになりますが、経営を担う皆さんも概要だけは抑えておきましょう。 特に台湾人スタッフの給与に関わることなので、当ページで解説した基本的な概要だけは抑えておきましょう。. 改正の趣旨 2018年の台湾税制改正は、租税公平の原則の下、永続的な財政収入の確保と経済発展の好循環を目指し、主として次の目的のために実施されました。 国内外投資家の配当課税負担の差異の縮小 未処分利益課税、配当税額控除等の税計算の複雑さの解消 台湾の個人投資家が受領する配当金は総合課税により他の所得と合算され、累進課税による高い税率が適用されていました。一方で国外投資家である非居住者が受領する配当金は一定の源泉税率の適用により税額は抑えられていました。そのため国内投資家から税負担の差異への不満が多くありました。 また、法人に対する法人税課税及び未処分利益課税に関して、その後の配当金受領時の税額控除を認め、両税合一という二重課税の排除を目的とした制度があったものの、税制改正を重ねた結果、複雑な計算になっていました。 以下、改正に関連する台湾における法人課税制度の概要を説明するとともに、税制改正の内容及び、台湾子会社を有する日本企業が留意すべき点を解説します。.

{{vm.title}}

国外で支払われる上場外国株式の配当の課税関係 国内で受取る上場株式等の配当は、所得税%と市民税5%(以下、所得税等)が源泉徴収されます。 配当関連税 台湾 非居住者株主 (個人・法人) 1. 源泉徴収税率の20%から21%への引き上げ 年1月1日 2. 未処分利益課税控除の廃止 年1月1日 個人所得税 台湾居住者株主 控除額の調整、45%最高税率帯の廃止、特別控除額の引き上げ 年度 mizuho global news| APR&MAY vol 22/27 日台租税協定または免除法により、日本企業から台湾企業への一定の支払い、または台湾企業から日本企業 への一定の支払いに関する源泉税率は、原則として平成29年1月より減免されることになった。 1課税年度(1月1日~12月31日)において、台湾滞在が90日以内の場合、台湾での所得はそれぞれの徴収率(給与は原則18%)に応じて源泉徴収され、申告の必要はない。  · 手続名称. ※ 外国居住者等所得相互免除法第2章関係(台湾関係). 1 租税条約に関する届出(配当に対する所得税及び復興特別所得税の軽減・免除)[様式1]. 2 租税条約に関する特例届出(上場株式等の配当等に対する所得税及び復興特別所得税の軽減・免除) [様式]. 3 租税条約に関する届出(譲渡収益に対する所得税及び復興特別所得税の軽減・免除)[様式1

【高配当株投資に必須】配当控除・外国税額控除のやり方を実演解説!【確定申告】

Read More

プライバシーポリシー


平均ユーザー評価

4.9 / 5

最近訪問しました