RCCとともに地元のニーズに取り組む

RCCとともに地元のニーズに取り組む | ロータリーボイス

ロータリー地域社会共同隊 - ロータリー百科事典

 ロータリー地域社会共同隊は、ロータリー・クラブがスポンサーするグループで、奉仕プロジェクトを実施して自分たちの地域社会の手助けをしたいと願う人たちを対象にしています。 「 ロータリー地域社会共同隊(RCC) 」 では、ロータリー会員ではない市民とロータリークラブが協力して、地域社会のニーズを調査し、奉仕プロジェクトの実施と長期的な監督にあたります。 ロータリー地域社会共同隊(Rotary Comunity Corps)のこと。 年マットカバラスRl会長によって設けられ、当時の名称はロータリー村落共同隊(RVC)と呼ばれ発展途上国の諸問題、貧困、飢餓の救済などか活動の中心でした。 ロータリー地域社会共同隊 (RCC)は、ロータリークラブ会員以外の人びとが、ロータリーの取り組みに賛同し、地域社会のためにボランティア活動をするグループです。R

ロータリーのルールとマナー


会員基盤の多様化 は、クラブレベルと事務局で、私たちが奉仕する地域社会を正確に反映するためにロータリーが取り組む最優先事項の一つです。この目標への決意を強調するために、理事会は、多様性、公平さ、開放性に関する次のような声明を採択しました。. これまでプログラムの一つであった ローターアクトの立場 が高められ、国際ロータリーの加盟クラブの一種となりました。ロータリアンとローターアクターは、会員としての体験は異なるものの、奉仕のパートナーとして、持続可能な変化を生み出すために協力しています。. ロータリーとは Skip to ロータリ地ー域社会共同隊とは content. クリスティーナ・ハサンさん (カルガリー・フィッシュ・クリーク・ロータリークラブ、カナダ、アルバータ州)は、ウガンダの病院で助産師の研修を行い、安全で消毒済みの分娩器具を提供する「FullSoul」という非営利団体を設立しました。. ルドヴィク・グロジャンさん (メルボルンシティ・ローターアクトクラブ、オーストラリア、ビクトリア州)は、汚染を監視し、水路から汚染物を取り除く技術を開発する「Ocean CleanX」社を設立しました。. ロータリー地域社会共同隊とは 特別報告書 によると、ロータリアンが通常1年間にボランティアに費やす時間は、4700万時間近くと推定されています。これは、およそ8億5000万ドルに相当する社会奉仕活動です。. ロータリー地域社会共同隊とは 新しい「大規模プログラム補助金」 を現在開発しています。大きなインパクトを与えることに焦点を当てたこの補助金は、地域社会が特定したニーズに取り組み、広大な地域および/または人口の多い地域において測定可能な成果とインパクトを与えることを目的としています。. ロータリー地域社会共同隊(Rotary Comunity Corps)のこと。 1986年マットカバラスRl会長によって設けられ、当時の名称はロータリー村落共同隊(RVC)と呼ばれ発展途上国の諸問題、貧困、飢餓の救済などか活動の中心でした。 その後、先進国むけのプログラムとしてロータリー地域地域社会共同隊(RCC)ができ、先進国の各地域での諸問題に当たることになりました。 R. 世界を変える行動人:若いイノベーターたち: (左から)ルドヴィク・グロジャンさん(メルボルンシティ・ローターアクトクラブ、オーストラリア、ビクトリア州)、アルバート・カフカさん(ウィーン・シュタットパーク・ローターアクトクラブ、ウィーン・オーパー・ロータリークラブ、オーストリア)、クリスティーナ・ハサンさん(カルガリー・フィッシュ・クリーク・ロータリークラブ、カナダ、アルバータ州)、シャドラク・ニャワさん(キリフィ・ロータリークラブ、ケニア)、チャーリー・ルース・カストロさん(ソガモソ・グローバル・ロータリーEクラブ、コロンビア、ボヤカ). RCC活動 ロータリー地域社会共同隊とは. ロータリーテーマ 2020-21年度 国際ロータリーのテーマ. アルバート・カフカさん (ウィーン・シュタットパーク・ローターアクトクラブ、ウィーン・オーパー・ロータリークラブ、オーストリア)は、メンタリングの機会を提供したり、世代を超えた奉仕を促進する「Intarconnect」というオンラインのプラットフォームを立ち上げました。. RCCとは? ロータリー地域社会共同隊(Rotary Comunity Corps)のこと。 1986年マットカバラスRl会長によって設けられ、当時の名称はロータリー村落共同隊(RVC)と呼ばれ発展途上国の諸問題、貧困、飢餓の救済などか活動の中心でした。 その後、先進国むけのプログラムとしてロータリー地域地域社会共同隊(RCC)ができ、先進国の各地域での諸問題に当たることになりました。 R. 末永く続く変化を生み出す 1905年にロータリーが創設されて以来、世界の人口構成は変わり、変化の速度は増し、テクノロジーによってネットワークと奉仕のための新しい機会が生み出されました。しかし、親睦、高潔性、多様性、奉仕、リーダーシップ、つまりロータリーを定義する価値観は今も変わりません。これまでの功績を称え、未来を受け入れることで、私たちは進化を続けながら今日のニーズに取り組んでいくことができます。 2018年6月、理事会とロータリー財団管理委員会は、次なる 戦略計画の土台となる4つの新しい戦略的優先事項と目的を承認しました。私たちの「行動計画」となるこの計画は、今後も世界中の地域社会に変化をもたらすダイナミックな団体として評価されるための、未来の枠組みとなります。 今後5年間のロータリーの優先事項は、 「より大きなインパクトをもたらす」、「参加者の基盤を広げる」、「参加者の積極的なかかわりを促す」、「適応力を高める」 ことです。.