博物館/南相馬市公式ウェブサイト -Minamisoma City-


南相馬市内からは様々な化石が産出します。珍しい植物化石や恐竜の足跡、アンモナイトの新種も見つかっています。 展示室には市内の研究家によって見つけられた様々な化石を展示しています。. 海の近くには強風と潮風に適応した特殊な植物が多くみられます。 ハマボウフウ、ハマヒルガオ、ハマエンドウ、などがよく見られます。 特に市内北部の海岸でよくみられこの種の北限域として福島県の天然記念物に指定されています。. 電話:0244-23-6421 ファクス:0244-24-6933 お問い合わせメールフォーム.

常設展 南相馬市の自然 更新日:2018年12月25日. 私たちの身の回りにはどのような自然が存在するのでしょうか。自然は私たちに恵みをもたらすとともに、脅威になることもあります。自然と私たちの生活は強く結びついています。 このコーナーでは南相馬市の地形、地質、化石(古生物)、野生の動植物、天然記念物について紹介しています。. 大地の成り立ち 地質・地形・化石について 自然と生き物たち 動物、植物、天然記念物について. 南相馬市には海岸・河川・丘陵・山地と変化に富んだ地形がみられます。そのような多様な環境があることで、さまざまな動植物がはるか昔から命の営みを続けてきました。 南相馬市内の自然景観を映したジオラマを中心に、市内に生息する動植物を紹介しています。. 南相馬市の山々には渓谷が深く刻まれ、広葉樹の林が残っています。ニホンザルの群れが移動し、クマタカやアカショウビンなどの野鳥も多くいます。初夏にはヤマセの冷たい霧が谷間に入り込み、バンダイハコネサンショウウオやルリクワガタが低標高地ながら生息しています。 丘陵地を背後にもつ水田や水路は動物の宝庫です。ミナミメダカやトウキョウダルマガエル、アオハダトンボやタガメなどの多くの昆虫類がみられ、丘陵地にはキツネやフクロウなどが生息します。 海岸線近くのアシ原にはクロベンケイガ二などのカニ類が多いのですが、かつて確認されたヒヌマイトトンボは東日本大震災以降、再発見されていません。.

南相馬市の岩石・化石 南相馬市原町区の地形及び植生図 里山の動植物のジオラマ 南相馬市原町区の地形と土地利用(映像) 南相馬市の動植物・天然記念物(写真パネル) ハラマチクジラ化石骨(腰椎・尾椎) 鯨の骨格図を床面へ象嵌表示 馬の進化(パネル) 人の進化(猿人・原人・旧人・新人の頭蓋骨標本). この記事に関するお問い合わせ先 教育委員会 文化財課 博物館 〒975-0051 福島県南相馬市原町区牛来字出口194 電話:0244-23-6421 ファクス:0244-24-6933 お問い合わせメールフォーム. このページに関するアンケート より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。. 分かりやすかった どちらともいえない 分かりにくかった. 難しい言葉が多い 文章が長い 情報が足りていない.

探しやすかった どちらともいえない 探しにくかった. タイトルと内容が合っていない タイトルが難しい ページのある場所が間違っている.

infomation

稲葉美和(筝)、木村たかのぶ(パーカッション) 【入場券整理配布】 配布場所 南相馬市の各学習センター (原町・太田・大甕・高平・石神・ひがし・ひばり・小高・鹿島) 【お問い合わせ】 南相馬市原町生涯学習センター tel: 南相馬市博物館学芸員であり学ぶ会会員でもある稲葉さんをお招きし学ぼう会を開きました。稲葉さんは、年の大震災直後から福島県浜通りの現状を見てこられ、様々な活動に取り組んでこられました。 南相馬市博物館 23- 3月19日(土) 博物館講座『生き物と共生する農業②』 3: 0~ 15 講師 稲葉 修氏 南相馬市博物館 無 料 (定員 4人) 南相馬市博物館 2-6 3月20日(日) 北野英樹先生追悼 メモリアルコンサートき 開場13:00 開演13:30 南相馬市民文化会館 1.『阿武隈高地の生き物たち』 稲葉 修/編 南相馬市博物館 範囲が浜通り北部ー茨城県北部 と広く、水生に限らず生物全般についての資料ですが概略がわかります。生物の写真も多く掲載されています。 各市町村史の「自然」編を確認しました。

南相馬市博物館 特別展「原町無線塔」 Part.2

Read More

プライバシーポリシー


平均ユーザー評価

4.9 / 5