our products


恩田 陸 (おんだ りく、本名: 熊谷 奈苗 (くまがい ななえ) [1] 、 1964年 10月25日 -)は、 日本 の 小説家 。女性。 青森県 青森市 生まれ、 宮城県 仙台市 出身 [2] [3] 。. 恩田は1964年( 昭和 39年)10月25日、 青森県 青森市 で生まれ [2] 、1966年(昭和41年)ごろに 愛知県 名古屋市 に移住 [4] 。その後の幼児期を 長野県 松本市 で過ごした。1972年(昭和47年)に 富山県 富山市 に移り、小学2年から5年まで富山市立五番町小学校(現 中央小 )に通った [5] 。1976年(昭和51年)に 秋田県 秋田市 に移り、小学5年の終わりから卒業まで 秋田市立旭北小学校 に通った [6] 。1977年(昭和52年)に仙台市に移り、 仙台市立五橋中学校 入学時から2年間通った [7] 。1979年(昭和54年)の中学3年時から 茨城県立水戸第一高等学校 卒業まで 茨城県 水戸市 で過ごした [8] 。父がクラシック好きで、自宅には多くのレコードがあり [9] 、子供の時に、引っ越しが多かったが、本と音楽が周りにある環境で過ごしピアノを習い、広く音楽を知る先生に学び、大人になった今も「ピアノを聞くのが一番好き」と答えている [10] 。なお両親とも 宮城県 仙台市 出身で、現在も同市に実家がある [7] 。恩田の本籍は仙台市にあり [11] 、公式プロフィル上も仙台市出身となっている [3] 。「宮城県生まれ」と書かれることもある [12] [13] 。.

かつては 飛行機恐怖症 で、南米とその遺跡を舞台にした『上と外』でも資料だけで書いていた。2003年(平成15年)、恐怖はあるが機上を自分に強いて、 イギリス と アイルランド に基礎取材を兼ねた旅行をして、『「恐怖の報酬」日記 酩酊混乱紀行』を書く。それをきっかけに各国に行き、南米も『 NHKスペシャル 』の仕事で マヤ ・ インカ 文明を取材し、 メキシコ 、 グアテマラ 、 ペルー を回り、『メガロマニア あるいは「覆された宝石」への旅』を書く。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 恩田 陸 ( おんだ りく ) ペンネーム 恩田 陸 誕生 熊谷 奈苗 ( くまがい ななえ ) 1964-10-25 1964年 10月25日 (56歳) 日本 ・ 青森県 青森市 職業 小説家 言語 日本 国籍 日本 最終学歴 早稲田大学教育学部 活動期間 1992年 - ジャンル 推理小説 ・ ファンタジー 代表作 『 夜のピクニック 』(2004年) 『 ユージニア 』(2005年) 『 蜜蜂と遠雷 』(2016年) 主な受賞歴 吉川英治文学新人賞 (2004年) 本屋大賞 (2005年) 日本推理作家協会賞 (2006年) 山本周五郎賞 (2007年) 直木三十五賞 (2017年) 本屋大賞 (2017年) デビュー作 『 六番目の小夜子 』(1992年) ウィキポータル 文学 テンプレートを表示 恩田 陸 (おんだ りく、本名: 熊谷 奈苗 (くまがい ななえ) [1] 、 1964年 10月25日 -)は、 日本 の 小説家 。女性。 青森県 青森市 生まれ、 宮城県 仙台市 出身 [2] [3] 。 目次.

ステージナタリー 2020年2月8日. 第1回 山田太一 『 異人たちとの夏 』 第2回 吉本ばなな 『 TUGUMI 』. 第33回 早見和真 『ザ・ロイヤルファミリー』. 第1回 川口松太郎 「 鶴八鶴次郎 」「風流深川唄」「明治一代女」 第2回 鷲尾雨工 『吉野朝太平記』他 第3回 海音寺潮五郎 「天正女合戦」「武道傳來記」 第4回 木々高太郎 『人生の阿呆』他 第5回 該当作品なし 第6回 井伏鱒二 『ジョン萬次郎漂流記』他 第7回 橘外男 「ナリン殿下への回想」 第8回 大池唯雄 「兜首」「秋田口の兄弟」 第9回 該当作品なし 第10回 該当作品なし. 第163回 馳星周 『少年と犬』 第164回 西條奈加 『 心淋し川 』. 典拠管理 CiNii : DA10993144 GND : 1046664522 ISNI : 0000 0000 8322 8844 LCCN : no2004060541 NDL : 00222301 NLK : KAC200507333 NTA : 328302139 SUDOC : 16481079X Trove : 1447872 VIAF : 115767659 WorldCat Identities : lccn-no2004060541.

カテゴリ : 恩田陸 20世紀日本の女性著作家 21世紀日本の女性著作家 日本の女性小説家 日本の推理作家 日本のSF作家 日本のファンタジー作家 日本推理作家協会賞受賞者 直木賞受賞者 キノベス! 早稲田大学出身の人物 茨城県立水戸第一高等学校出身の人物 青森県出身の人物 仙台市出身の人物 1964年生 存命人物.

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 名前空間 ページ ノート. 表示 閲覧 編集 履歴表示. メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン. 熊谷 奈苗 ( くまがい ななえ ) 1964-10-25 1964年 10月25日 (56歳) 日本 ・ 青森県 青森市. 推理小説 ・ ファンタジー. 吉川英治文学新人賞 (2004年) 本屋大賞 (2005年) 日本推理作家協会賞 (2006年) 山本周五郎賞 (2007年) 直木三十五賞 (2017年) 本屋大賞 (2017年). ウィキポータル 文学. 表 話 編 歴 第20回 山本周五郎賞 1980年代 第1回 山田太一 『 異人たちとの夏 』 第2回 吉本ばなな 『 TUGUMI 』.

表 話 編 歴 第156回 直木三十五賞 1930年代 - 1950年代(第1回 - 第42回) 1930年代 第1回 川口松太郎 「 鶴八鶴次郎 」「風流深川唄」「明治一代女」 第2回 鷲尾雨工 『吉野朝太平記』他 第3回 海音寺潮五郎 「天正女合戦」「武道傳來記」 第4回 木々高太郎 『人生の阿呆』他 第5回 該当作品なし 第6回 井伏鱒二 『ジョン萬次郎漂流記』他 第7回 橘外男 「ナリン殿下への回想」 第8回 大池唯雄 「兜首」「秋田口の兄弟」 第9回 該当作品なし 第10回 該当作品なし. CiNii : DA10993144 GND : 1046664522 ISNI : 0000 0000 8322 8844 LCCN : no2004060541 NDL : 00222301 NLK : KAC200507333 NTA : 328302139 SUDOC : 16481079X Trove : 1447872 VIAF : 115767659 WorldCat Identities : lccn-no2004060541.

幸せを木と共に90年

恩田 陸 ( おんだ りく ) ペンネーム: 恩田 陸: 誕生: 熊谷 奈苗 ( くまがい ななえ ) 年 10月25日(56歳) 日本・青森県 青森市: 職業: 小説家: 言語: 日本: 国籍: 日本: 最終学歴: 早稲田大学教育学部: 活動期間: 年 - ジャンル: 推理小説・ファンタジー: 代表作 『みうら りく社長』『みうら りく班長』 可愛いあだ名 『みんみん』『みうちー』 伝説のあだ名 『封印されし竜騎士みうら りく』 2回繰り返すあだ名 『みうみう』『みみうう』『ねとねと』 三浦璃来(みうらりう)さんの画像などを見て、「かわいい!」と思った方たくさんいらっしゃるのでは!気になっている方も多いですよね。 ということで今回は三浦璃来(みうらりく)がかわいい! 株式会社みうらは、木と共に歩み続けて、今年で創業93年を迎えます。柱や梁などの構造材から、無垢の建具・家具・床材等の内装材まで幅広く商品を取り揃え、住まいのトータルコーディネートをご提案。 南三陸町観光協会では、地域の観光情報を毎日配信しております!南三陸の宿泊施設、アクセス情報、a旧グルメ「キラキラ丼」を含む飲食情報、観光スポット、イベント、ツアープログラムなど、観光に役立つ情報が盛りだくさん!

みうら りく Read More

プライバシーポリシー


平均ユーザー評価

4.9 / 5