七草粥はいつ食べる?朝と夜どっちがいい?その意味とは


お正月休みが終わってようやく日常に戻りかけた頃に食べる、 七草粥 ななくさがゆ 。 少し味の濃いお正月料理が続いた後の七草粥は、素朴であっさりとしていて、弱った胃腸にちょうど良いですよね。 この七草粥、どのようなきっかけや目的で、いつ頃から食べられるようになったかはご存じでしょうか? 今回は、七草粥の由来や七草の意味、レシピについてご紹介します。. 七草粥とは、7種類の野菜が入ったお粥で、毎年1月7日に食べるものとされています。 では、なぜ1月7日に食べるのか、その由来をみていきましょう。.

南北に長い日本列島、北海道と沖縄では民族や植物の生息域も若干異なることから、地域差はあるものの、一般的には以下のような植物が春の七草として親しまれています。 最初にご紹介するセリから、セリナズナ、ゴギョウハコベラホトケノザ、スズナスズシロ… と、子供の頃に唱えて覚えられた方も多いことと思います。 セリ(芹). ゴギョウはキク科の二年草で、別名をハハコグサといいます。 咳止めや痰きりなどにも利用される身近な薬草で、秋になると葉をひろげ、翌年の春に黄色い花をつけます。 七草粥 いつ ハコベラ(繁縷). ナデシコ科の一年草、または越年草でハコベとも呼ばれています。 地面を這うように成長する草で、江戸時代には虫歯や歯槽膿漏の治療用の歯磨き粉として、葉を塩と共にすりつぶしたものが利用されていました。 ホトケノザ(仏の座).

ホトケノザはシソ科の二年草で、「仏様が座られる安座」という意味があり、食欲増進や胃腸の不調解消、解熱作用や、打撲、あざの解消に効果があるとされています。 スズナ(菘). アブラナ科の一年草で、 蕪 かぶ のことです。 小さな蕪がついている様が、神様を呼ぶ鈴に見立てられ、スズナ(鈴菜)の名前が付きました。 炎症による熱を冷ます効果があり、乳腺炎や腫れ物を鎮める効果があるとされています。 スズシロ(蘿蔔). スズシロはアブラナ科の一年草で、大根のことです。 大根に多く含まれるジアスターゼの作用で、消化不良、食べすぎて疲れた胃を休める作用が期待できます。 また、痰を切り、咳を鎮める効果が期待できることから、民間の風邪薬として利用されています。. 先ほども触れたとおり、南北に長い日本ですから、全国一斉に春の七草が出揃うことがなかったことは、容易に想像できますね。 お正月にいただくお雑煮に地方色があるように、七草粥にも各地の特徴があります。.

地方 特色 北海道 焼いた餅、餡を入れた汁粉や、その時手に入る野菜で作る。 東北地方 ごぼう、にんじん、サトイモ、油揚げなど、その時手に入る野菜で作る。 関東地方 茹でて刻んだ七草を粥にするほか、混ぜご飯にする地域もある。 中部地方 七草粥のほか、ぜんざいや雑煮が食べられている。 近畿・中国地方 焼いた餅入を入れたものが一般的。 四国地方 七草粥に、和え物やおひたしなど多くのおかずや汁物が添えられる。 九州・沖縄地方 七草粥 いつ. では、現代の七草粥は、1日のうちいつに食べるものなのでしょうか? 中医学では、体の中にみなぎる「気」は、日の出前から高まり、正午を迎える頃に落ち着いて午後、夜に向かって落ちていくといわれています。 七草粥 いつ とはいえ、生活リズムが多様化している昨今、ご家族の皆様が食べやすい時間にいただくのが良いですね。. 今まで、季節のものだから、スーパーマーケットに大量に並んでいるから、と手にしていた七草。 とても歴史があり、その時期に食べるべき理由、薬効があるものでしたね。 現代のような栄養学の知識がない時代から、体に良いものを選び、理にかなった調理法で料理して食べることを知っていた古の人々の知恵や技術には驚かされるばかりです。 これからは、このような歴史や意味をもかみしめ、大切に、七草粥をいただきたいものです。.

日本料理は、日本の風土と社会で発達した料理を意味し、和食は、洋食に対するものとして使われています。 イメージによって使い分けられることも多く、料理店で提供される高度な技術が必要な料理は日本料理で、家庭料理を中心とした日本の料理を和食とイメージしている人も多いです。. 伝統工芸品 染物. 伝統芸能 落語. 日本の行事 国事. 諸芸 香道. 和楽器 三線. その他の伝統文化 写経. 観光 日本庭園. 七草粥の由来 2. 七草粥の「七草」とは?その意味と覚え方 2-1. 春の七草 2-2. 春の七草だけではない?書物に登場する七草 2-3. 各地に伝わる七草粥の特徴 3. 七草粥をおいしく食べるレシピ 3-1. 基本の七草粥の作り方 3-2. プラスアルファで美味しく食べたい 七草粥に合うおかずレシピ 3-3.

朝食?夕食?七草粥を楽しむタイミングとは? 4. おわりに お正月休みが終わってようやく日常に戻りかけた頃に食べる、 七草粥 ななくさがゆ 。 少し味の濃いお正月料理が続いた後の七草粥は、素朴であっさりとしていて、弱った胃腸にちょうど良いですよね。 この七草粥、どのようなきっかけや目的で、いつ頃から食べられるようになったかはご存じでしょうか? 今回は、七草粥の由来や七草の意味、レシピについてご紹介します。. 季節の和食「行事食」~暮らしに寄り添う日本の伝統~ 豊かな自然に恵まれている日本には、昔からその季節の旬の食材や味わいを大事にしながら、祭事や行事に伝わる伝統的な行事食があります。 1年を通して日本人の暮らしと共にある主な和食の行事食は下記の通りです。. 和食の基本~和食を自分で作ってみよう~ 日本料理は、日本の風土と社会で発達した料理を意味し、和食は、洋食に対するものとして使われています。 イメージによって使い分けられることも多く、料理店で提供される高度な技術が必要な料理は日本料理で、家庭料理を中心とした日本の料理を和食とイメージしている人も多いです。.

シェア ツイート はてブ あなたにオススメの記事 和食とは?和食の魅力と特徴をご紹介!. ワゴコロは、日本の伝統文化に関わる人を増やしたい、関わっている方に少しでもお役に立ちたい、という思いで運営しております。 どんなご要望でもまずはお気軽にご連絡ください。利益優先ではなく、一人でも多くの方に、日本の伝統や和の心の素晴らしさをお伝えできれば幸いです。.

七草粥はいつ食べるの?

七草粥は七草を使ったお粥であり、日本では1月7日に食べる風習がある。 新年から数えて7日目は人を大切にする日(人日の節句)といわれており、桃の節句などの五節句の仲間になる。また、7日目はお正月気分から日常になる一区切りと考えられている。  · 七草粥は正月行事として定着していますが、本来は1月7日の「人日」の日に行われる「 人日の節句 」の行事で、五節句のひとつです(五節句 江戸幕府が定めた式日で、1月7日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽をさす)。 1月7日に食べる「七草粥」とは 七草粥とは、7種類の野菜が入ったお粥で、毎年1月7日に食べるものとされています。 では、なぜ1月7日に食べるのか、その由来をみていきましょう。 七草粥は、1月7日の朝食に食べましょう。 七草粥の正しい行事の行い方は、前日の1月6日の夜のうちに七草をまな板の上で包丁を使い細かく刻んでおいて、翌日朝1月7日朝に粥を作って朝食として食べるのが正しい行事と言われています。 七草粥を食べる日がいつなのか、大体の時期はわかっても「この日! 」というのは意外にわからなかったりしますよね。 七草粥は、 「1月7日」 に食べる料理とされています。

【朝の三分栄養チャージ】1月7日に七草粥を食べるのはなぜ?

Read More

プライバシーポリシー


平均ユーザー評価

4.9 / 5

最近訪問しました